ベルタ酵素口コミ調査隊
*
> > カロリーオフではなく糖質制限が酵素ダイエットの鍵だった

カロリーオフではなく糖質制限が酵素ダイエットの鍵だった

ご飯

「カロリーと脂肪を制限するよりも糖質を制限した方がダイエット効果は高い」
という研究が『米国医師会雑誌』などを始め、ここ数年の間に話題になってきました。

糖質制限ダイエットというのは糖分と炭水化物を制限する方法です。
それに酵素ダイエットをプラスすることで太りにくい体質になったうえで、脂肪を落としていくことができるため理想のダイエットとなります。
二つのダイエットの相乗効果も期待できます。

糖質制限はなぜ痩せる?

糖質とは糖分と炭水化物を極力摂らないようにしたダイエットです。
もちろん糖質も必要のない栄養素ではありません。
カロリーを制限すれば痩せると言われていた時代もありましたが、現代ではその誤りが研究により証明されています。

  • カロリーが同じでも食事メニューによって痩せるかどうかに差がある
  • カロリーと脂肪を低めにするよりも糖質を制限する方が痩せやすい

上記の内容を理解しているかどうかでもダイエットの成功率というのは変わってきます。
糖質は摂ろうと思わなくても摂れてしまうので、極力摂らないという意識でちょうどいいはずです。

糖質と炭水化物は血糖値をすぐに上げてしまい、血糖値が上がるとインスリンの放出が抑えられなくなります。

※インスリン
インスリンとは、ひとの体の中でつくられるホルモンで、唯一血液中のブドウ糖(血糖)を少なくする働きをもっています。 お腹のちょうど中心にある「すい臓」という臓器に、「ランゲルハンス島のβ細胞」という名前の細胞がたくさんあり、インスリンはこの細胞で作られています。

インスリンは血中の糖質を血管の外に放出するために、脂肪になって蓄えられるため、別名「肥満ホルモン」とも呼ばれています。
つまりインスリンを抑えるには血糖値を上げないようにすることなのです。

そのためにも糖質制限ダイエットは正しいダイエットであり、効果に期待のできるダイエットです。

具体的に食べてはいけないものとは?

炭水化物では具体的に糖質制限食として食べてはいけないものとは何が当てはまるのでしょうか?
それは大まかに言って
「主食を摂らずにおかずを中心に食べる」
というイメージが近いかと思います。

主食と言ってしまうと難しいかもしれませんが、ご飯やパン、パスタなどの麺類を食べなければ問題ありません。

またお菓子などの甘いものはもちろんですが、芋やカボチャなどのでんぷん類も糖質が高いと言われているので注意が必要です。
ただしカロリー制限とは違い、その日の摂取量を計算する必要はありません。
糖質が含まれていない食品であればいくら食べても問題ないのです。

意外と知られていない身近な糖質の話

例えばご飯(米)を控えます。
ご飯は茶碗1杯で角砂糖14個分の糖質が含まれていると言われており、ダイエットの天敵となっています。
ご飯を食べるくらいならばまだから揚げの方がマシとも言われるほどです。

あと芋などの澱粉類。例えばファーストフードなどのフライドポテトなんかはまさにNGです。

それからバナナ。一昔は朝バナナダイエットというものが流行りましたが、実はバナナは1本あたり角砂糖9個分の糖質が含まれているんです。

意外に糖質が多いのは春雨。ダイエットしている人がよく食べがちなものですが、100gあたり角砂糖27個分と恐ろしいほどの糖質を秘めています。
これからダイエットを考えている人は是非糖質に気を付けてみてください。

食べて良いものと食べてはいけないもの

糖質とよく似た言葉に注意しよう

糖質というと=「甘いもの」というイメージを持つ方が多いですが、実はそうではありません。
例えば多糖類のでんぷんなどは糖質の一種ですが、甘くはないんです。

糖質とは単糖類と二糖類、多糖類、そして糖アルコール、人工甘味料のことを言います。

  • 単糖類➝ブドウ糖や果糖
  • 二糖類➝ショ糖(砂糖の主成分)、多糖類(でんぷん)

似たような言葉が多くあり、よく誤解されやすいです。

「糖類」って?

食品や飲料などを見ていると、「糖類ゼロ」と記載してあるものがありますが、「糖類」とは単糖類と二糖類のみを指すことと法律で決まっています。

糖アルコールや多糖類が含まれていても法律では「糖類ゼロ」と記載していいことになっているので、ここは注意が必要です。

勘違いしてはいけないのは糖アルコールや多糖類も「糖質」だということ。
「糖類ゼロ」と記載してあっても「糖質ゼロ」ではないんです。

ただし、『無糖』と記載してある場合は「糖質ゼロ」とほぼ同じ意味になっています。

「糖分」って?

実は一番ややこしいのが「糖分」という言葉です。
これは法律にも決まりがないので、この言葉を使う人が勝手に決めているということになります。

「糖分ゼロ」という表記をみたら「糖質ゼロ」とは限らないので注意するようにしましょう。

炭水化物=糖質です

糖質制限ダイエットをするにあたって知っておくべき知識が「炭水化物=糖質」ということ。
この言葉の関係に『炭水化物=糖質+食物繊維』だと思っておいてください。

食物繊維はカロリーゼロで血液中のブドウ糖も増やしません。

食品によって食物繊維の割合は様々ですが、炭水化物が少なければ糖質も少ないと考えてもらって大丈夫です。
炭水化物の量以上に糖質が含まれていることはないです。

「糖質」・「糖類」・「糖分」、それぞれの意味に注意するようにしましょう!

糖質を摂取しなくても頭は働きます

おにぎりを食べる女性よく周りから「糖質を摂らないと頭が働かない~」と聞いたことはありませんか?
テレビや何かの影響からか世間的にそう言ったイメージが定着しているようです。

「脳はブドウ糖しか使えない…」
「糖質を食べないと血液中にブドウ糖がなくなってしまって脳が働かない…」

お医者さんでさえそう思っている方もいるようですが、実はそれは間違いなんです。

脳のエネルギーは別のところから

実は脳は脂肪からつくられるケトン体という物質もエネルギーとして使えます。

人の仕組みを研究する学問を生理学と呼びますが、生理学の教科書にもこのことははっきりと書いてあり、科学で証明されたことなんです。

それに糖質を摂らなくても、血液の中のブドウ糖が不足するということは起こらないんです。
糖新生という機能があり、必要なブドウ糖は肝臓でアミノ酸などからつくることができます。

アミノ酸はタンパク質を分解したものですから、タンパク質をたくさん食べる糖質制限食ならば不足もあるはずもなく、いくらでも糖新生でブドウ糖がつくられるというわけなんです。
なので糖質を摂取しなくても脳はしっかり働きます。

実際、糖質制限食を続けている方でも「仕事にはまったく影響ない」という方がほとんどです。

糖質制限の副作用?

「糖質を摂らないと頭が働かない」と言われることには実は理由があります。
糖質制限食で糖質オフの生活を始めると、身体がそれに慣れるまでに精神が若干不安定になり、イライラする方がいます。

糖質中毒というものがあるのですが、血糖が急激に増えると脳の中でセロ二トンという物質が出ますが、これが実は快楽物質なんです。

糖質を摂るのが当たり前の生活だと、覚せい剤などの危ない薬と同様に中毒になることもあります。

糖質制限ダイエットを始めて3日ほどで精神的に不安定になることもありますが、だいたい2週間ほどで脱する人が多いようですので、その期間を続けることで大切ということですね。

どうしても我慢できない方は酵素ドリンクに含まれている甘味でカバーするようにしましょう。

酵素ドリンクと糖質制限ダイエット

酵素ダイエットはベルタ酵素ドリンクやお嬢様酵素などの酵素ドリンクを1食と置き換えるだけで、後はどんなものを食べてもダイエットできると言われています。

しかし、そのどんなものでも食べていいという2食に対して、糖質ダイエットを意識してみましょう。
どちらも高いダイエット効果があり、リバウンドも少ないおすすめのダイエットです。

この二つを同時に絡ませて行なうことでダイエット効果も倍増です。
二つの相乗効果が確実にダイエット効果となって出てくるはずです。
酵素ドリンクで1食置き換え、残りの食事はできるだけご飯、麺類、パンなどを避けて野菜や肉、魚などを多目に摂るようにしてみましょう。

これを2週間続けると相当楽になってきます。
1ヶ月後辺りから体重に変化が出るのが楽しみですよ。